ITコンサルティング、Webサイト制作、システム・ネットワーク・サーバー保守管理は、中小企業に特化したシステムインテグレーター「株式会社フォローウインド(東京都港区新橋)」

ITブログ
IT Blog

2016.04.11 ITWebクラウドニュース

Webフォントを導入しよう!

フォローウインドのサイトではモリサワの「TypeSquare」でWebフォントを導入しています。

このブログのタイトル部分もWebフォントで表示されています。


Webフォントとは?

Webフォントとはインタネットブラウザ上で任意のフォントが利用できる機能です。

これまではWebサイトでフォントを指定しても、

そのフォントがユーザーの環境にインストールされていなければ表示できませんでしたが、

Webフォントを使うと、ユーザーの環境にまったく依存せずに指定したフォントを表示させることができます。

Webフォントはテキストベースなので、選択すれば、コピー&ペーストも可能です。

また、画像のように粗くなったり、崩れたりすることがありません。

SEO的にも当然有利!

重要なキーワードが入っているキャッチコピー。

見栄えを重視してどうしても画像で作成して、altとtitleタグにテキストを入れます。

Webフォントを使えば、背景に画像を配置し、堂々とテキストでコピーを入れられます。

SEO的にも非常に有利になります。

欧文フォントだと、GoogleのGoogle Fontsが有名です。

MORISAWAが提供するTypeSquareは、日本語Webフォントでは一番有名なサービスです。

TypeSquareは株式会社モリサワが提供するインターネットを介してWebフォントを配信するサービスです。
PCやモバイル端末など閲覧する側に指定されたフォントが搭載されていなくても、制作側で指定した書体を美しく表示することができます。

スクリプトタグを挿入し、書体名を指定するだけで、サイト内に必要な文字が自動検知され、クラウド上から閲覧環境に最適なフォントが配信されます。

→MORISAWA TypeSquare

無料版でも1ドメイン、1フォント、1万 PV/月まで利用できるので、

Webフォントを試したい方は、トライしてみるのも良いと思います。

これからのフォローウインドの制作事例では、どんどんWebフォントを利用したものが出てくると思いますので、

気が向いた時にチェックしてみてください。

→フォローウインドの制作事例はこちら

ページトップ