ITコンサルティング、Webサイト制作、システム・ネットワーク・サーバー保守管理は、中小企業に特化したシステムインテグレーター「株式会社フォローウインド(東京都港区新橋)」

ITブログ
IT Blog

2016.07.26 ITニュースライフスタイル

Windows7はどこまで使い続けられるか?

いよいよ今月7月29日でWindows10への無料アップグレードが終了します。

無償だからやっておいた方がいいのかな?と思ってしまいますよね。


ホームユースのPCならともかく

ビジネスシーンでWindows10を導入するには

まだまだ様々なハードルがあります。

Windows10どころか、Windows8.1にも対応していないアプリケーションもあったりしますので。

フォローウインドのお客様も、圧倒的にWindows7のシェアが高いです。

Windows10のアップグレード権利を保持しておく

ビジネスでは絶対におすすめしませんが、

ホームユースの方には一応裏技があります。

一度Windows 10へアップグレードした後で、

すぐにWindows 7へ戻してしまうというやり方です。

Microsoftによるとキャンペーン期間内に

一度でもアップグレードを完了したPCには

Windows 10のライセンスが発行され、

元の環境に戻した後でも再び

無償でWindows 10へアップグレードできるようになるそうです。

つまり、「無償アップグレード権利」を手に入れられるというわけです。

いつまでWindows7を使い続けられるか?

Windows7のメインストリームサポートは

2015年1月13日に終了していますが、

延長サポートは2020年1月14日までとなっています。

その間にはWindows10の浸透状況も変わってくると思いますし、

プリンタやアプリケーションの対応状況も変わってくると思います。

Windows7プリインストールPCもまだある

量販店などの個人用PCは既にWindows10がプリインストールされていますが、

法人用のビジネスPCはWindows7のダウングレード権利を行使して、

Windows7で使えるPCもあります。

無償アップグレード権利はなくても、まだ2020年まで3年半はあるので、

Windows7は現役バリバリのOSだと言えます。

まぁ、Windows 8/8.1が不評過ぎたのが原因ですけどね。

(山下 史彦)

ページトップ