ITコンサルティング、Webサイト制作、システム・ネットワーク・サーバー保守管理は、中小企業に特化したシステムインテグレーター「株式会社フォローウインド(東京都港区新橋)」

ITブログ
IT Blog

2016.12.07 ITニュース

YAMAHAの新製品情報

YAMAHAからネットワーク機器の新製品が続々登場しています。


1.無線LANアクセスポイント「WLX402」

エンタープライズ向け無線LANアクセスポイントです。

お値段も定価で99,800円(税抜き)になります。

WLX202が39,800円(税抜き)なので、ハイエンド感が伺えます。

IEEE 802.11ac Wave 2に対応。

LANポートも2つあり、リンクアグリゲーションになっています。

また無線の電波を有効活用するために反射板を標準採用。

外部アンテナにも対応し、さらなる電波強度が見込めます。

yamahawlx402.jpg

2.LTEアクセスVoIPルーター「NVR700W」

RTXシリーズではなく、NVRシリーズです。

標準価格は118,000円(税抜き)です。

NVR510も9月に発売されましたが、こちらは内蔵無線WAN(LTE/3G)対応です。

つまりSIMカードが入ります。無線WANとも言われます。

フレッツなどの固定回線のバックアップに、SIMカードを挿して回線の冗長化が可能になります。

NVR510もそうですが両機種ともに小型ONU対応です。

NVRシリーズの特徴であるVoIPももちろん対応。

またRTXシリーズでおなじみのIPsecなどのVPN機能、

OSPFやBGP等の各種のダイナミックルーティングプロトコルなども実装。

yamahanvr700w.jpg

3.SWX2100シリーズ

SWX2100シリーズに待望の24ポートが出ます。

yamahaSWX2100-24G.jpg

またこれまでSWX2200シリーズのみPoE対応のスイッチが2100シリーズでも出ます。

5ポートと10ポートのものが発表されています。

発売は来年の1月から3月にかけてですが、

スイッチのラインアップが豊富になったので、

お客様にもご提案がしやすくなりました。

これまで24ポートは2300と2200でしかなかったので、

ネットワークの構成によってはオーバースペックな場合もあったので。

CiscoがYAMAHAに対抗して、SMBをターゲットにした、

Cisco Startを精力的に展開していますが、時既に遅し。

YAMAHAの牙城はなかなか崩せないのでは?と思います。

(山下 史彦)

ページトップ